不思議なコーラ

trespassでドラムを叩いているカノウのブログ

シャッフルな気分

先日DJ MANOWARに教えていただいた(ありがとうございます!)曲が素敵でよく聴いてます。

Prison Bound -Social Distortion
夏にはシャッフルが合いますね〜


さて、お知らせです!
明日8/16(水)コンピレーションCD「Throw Away Your CDs Go Out To A Show」が発売です。
私たちは「Plastic Carnival」で参加しています。
是非聴いてください!

「THROW AWAY YOUR CDS GO OUT TO A SHOW」Album Trailer
リリースイベントの京都編に我々も出演します。
information→https://circusinthebasement.tumblr.com/

それから、ライブやります、今週末!

■08/18(金)南船場SOCORE FACTORY
WEIRD×SOCORE FACTORY共同企画 “HAZURE” vol.6

WEIRD
ダイバーキリン
ANDREW KITCHEN
Piano Shift
trespass

DISTRO:Tiny Script Endings】

open 18:30 start 19:00
adv 2000yen door 2500yen

週末ですもの、夜遊びしましょう!


「最近借りてきた本」
炎に消えた名画(アート) (扶桑社ミステリー)
チャールズ・ウィルフォード『炎に消えた名画(アート)』(扶桑社ミステリー)

敬愛する氏がウィルフォード作品についてSNS上で独りごちていらしったので、ほほう、氏の作品を愛する者としてそれは読まねばならんなと借り出してきたのですが、読後の頭痛がひどい…面白さに随分と引込まれ、自分のペース以上のスピードで読み終えたもので。

あらすじですが、野心溢れる若き美術評論家フィゲラスはコレクターのキャシディから、老画家ドゥビエリューに面会したくないかと持ちかけられる。その画家というのは現代美術史上最も重要な存在でありながら、作品が全て火災で失われた後はずっと沈黙を守っている伝説的な人物である。彼に面会するだけでもアート界は色めき立つだろう。しかしこの話には裏があり、キャシディは見返りとしてドゥビエリューのアトリエから作品を盗み出すようフィゲラスに要求する――。終盤のみが犯罪小説…ああ、この先あまり書いてはいけない、これはミステリなんだ。

さておき、アートにまつわる研究・業界を俗人たちばかりを登場させて描いているということだけでも面白い作品だった。語り手でもあるフィゲラスってばホント嫌な男だし、もちろん他の奴ら、恋人のベレニスや老画家ドゥビエリュー、コレクターのキャシディなんかも人間性が薄っペラい!ペラすぎる!でも実際にいそうだな…と思わせるあたりさすが。
それから膨大な薀蓄も楽しい。ペダントリーが溢れかえっておりましたわ。
そして、特筆すべきはやはり最後の展開。残りページ数わずかとなってからシビレまくりでした。(ああ、この先あまり書いてはいけない、これはミステリなんだ、でもこれだけ言わせて)ラストシーンは所謂ラスコーリニコフ的なものとは真っ向対立する「告白」ってことですよね。人間の業の深さが、そいつがペラい奴であればあるほど人間の持つ深い闇が、鋭くこちらに迫るように感ぜられました。
あ、あと解説者によるドゥビエリューの焼失してしまった作品タイトルの解釈も面白かったなー、って、ああ、この先はもう黙ります。