不思議なコーラ

trespass/Merry Ghostsでドラムを叩いているカノウのブログ

新刊を読む楽しみ/文庫本再読の愉しみ

最近購入した本の感想メモ。 

飛族

飛族

 

 

この島にいるのは、ふたりの老女だけ

朝鮮との国境近くの島でふたりの老女が暮らす。
九二歳と八八歳。
厳しい海辺暮らしとシンプルに生きようとする姿!
傑作長編小説。(作品紹介より)

老女を書かせたらぶっちぎりでナンバーワンだと思う作家・村田喜代子の新作(っとちょっと待てよ、イサベル・アジェンデも魅力的な婆さん書くしな…まあどんなババアが好きでどう年を取っていきたいかなんて話題は長くなるからとりあえずおいとこう)。紹介文を見てこれは村田節炸裂ではないだろうかと期待して読む。詳しくは述べませんが、やっぱりちゃんと出てきますよ、ああこういう台詞を吐いてみたいな、と思う名言・名場面が。

境界線なく幻想世界と現実が繋がる作者独特の世界を今作でも堪能。時化の中、沈む船から逃れようとイソシギへと変身した漁師たちの話、いやあ圧巻でしたねえ。と書くとファンタジー小説かと思われそうだが、さにあらず。

現代に生きる我々(の世代)の多くが抱えているであろう問題を突きつけてくるのが村田節。今回は日本の国境(領土問題)、地方の過疎化、高齢化した祖父母・親と子世代の関わり、さらに死とどう向き合うかを取り上げている。こう羅列するとなんだかお堅い上に説教くさい(で、そういうのは大体薄っぺらい)ものと間違われそうで嫌ですが…。この現実社会の地面をしっかり踏みしめつつ、力強い想像の世界を私たちに見せてくれる作者の力量に今回もまた脱帽したのでした。  

歪み真珠 (ちくま文庫)

歪み真珠 (ちくま文庫)

 

既に単行本を持っていますが、せっかく文庫化されたのだから読み返すかと購入して正解!初読の際には気付かなかった、掌編小説「向日性について」に描かれる郷愁の美しさを発見。郷愁なんて手垢にまみれたテーマを、山尾悠子は彼女の気高さ保ったまま、一文いやそれより短いフレーズで完璧にキメてくるんですからねえ。ちなみに、

 

曲がっても曲がっても白昼の土塀が続く町では、走り去る猫だけが目覚めている。

 

このくだりで、私は思わずブフォっとむせながら慄きました。完璧じゃないか…

まあでも前後があっての完璧ですので、是非読んでください。そして一緒に心震わせましょう。そうしましたら、この世に無限とある美しい郷愁の場面について喋りましょう。スティーヴン・ミルハウザー「空飛ぶ絨毯」のラストシーンとかどうです? 

 

 

 

さて。今週末はMerry Ghostsライブあります!

遊びましょう!

 

■3/22 fri @心斎橋HOKAGE

MONSTER RAINAOW

 

サガシュウ(高知)

アナログエイジカルテット

krzywy las

Merry Ghosts

 

open 19:00 start 19:30 adv 1500 door 2000

f:id:kano-trespass:20190226231108j:plain

 

 

壺中に天あり獣あり/金子薫

f:id:kano-trespass:20190307220739j:plain

 前情報から、前作『双子は驢馬に跨がって』のテーマと同様、「物語」の誕生以前を描き「物語」(小説、創作、文学あるいは人生等々置き換えられますね)とは何かを問うているにちがいないと楽しみにしていました。20代という若い作者が、今この時代に「物語」に正面切って取り組むだなんて興味深い、と思いを巡らせ読みましたが、おや、あまりにきれいすぎる…。前作『双子』の終盤あたりで描かれていた、壁の落書き攻防戦のような混沌としたものを私は勝手に求めていたのかもしれません(アレは面白かった)。 

 

無限の迷宮を彷徨い続ける青年・光。どんなに歩いても、螺旋階段が上下に伸び、廊下が一直線に続くばかりだ。

ある時、迷宮の中にホテルが建っているのを発見した光は、その支配人となり、客を呼び込むポスターを貼るため、再び迷宮へと足を踏み入れる。

迷宮の中の玩具屋で働く女性・言海は、ポスターを見て、ブリキの動物たちを連れてホテルを目指す―(帯・作品紹介より)

 

 (以下作品の内容に触れます、気をつけて)

 この小説はとても小説らしい。登場人物の過去や作品の舞台である迷宮について全く説明がないままスタートします。

 

言葉によって造られる迷宮のなか、光は当て所なく歩き続けていた。白紙に黒い字を綴る如く、彼は淡い黄色の絨毯を靴底で汚し、言葉に言葉を重ねるようにして、言葉を使う言葉となって先へ先へ進んでいく。(本文冒頭部)

 

 リアリティをもたせるための描写はないけれども、これは小説です、フィクションです、虚構ですという前置きは声高だ。また、迷宮の中に点在する酒場で出会う人々、光が雇い入れたホテルの従業員たち、玩具屋の言海、誰も光に対して何の影響ももたらさないのも、そう。あまりにも光に従順でまるで作り物のようだ。(だって、おそらく若い男女であろう光と言海が同じ部屋で暮らして何も起こらないんですよ?)

 

 ああそうか、この迷宮は光自身の心象風景か。自分のよく知っているもの以外、異質なものが入り込むのを拒否した安全で退屈な世界か。なるほど、だから最後光は自分で作った地図の外へ出ようと熱望するんだな。そりゃ息が詰まりますもんね、いつまでも同じ場所に居続けるのは。地図の外に出た時、きっともっと複雑な迷宮が無限に続いているだろうけど、大丈夫。それはこれまでとは違って楽しかったり恐怖したり泣き喚いたり、まあとにかく心が動かされることと思うよ。

壺中に天あり獣あり

壺中に天あり獣あり

 
双子は驢馬に跨がって

双子は驢馬に跨がって

 

 

今週末土曜はMerry Ghostsライブです。週末の夜遊び、是非ご一緒に!

f:id:kano-trespass:20190226230807j:plain

3/9(土)神戸HELLUVA LOUNGE

COSMICOS “Dream Baby Dream” レコ発!

 

 

・COSMICOS

・FASHION KEYS

・The Young Pennsylvanians

・Merry Ghosts

 

OPEN/18:30 START/19:00

ADV./1500yen DOOR/1800yen

 

 

trespass/Merry Ghosts↓

bandcampと3月の夜遊び

bandcampに1曲アップしました。

japan-merryghosts.bandcamp.com

 

そして3月(もう今週末ですね)のMerry Ghostsライブ予定です。

初めて対バンする方々の多い3月、楽しみです!

f:id:kano-trespass:20190226225916j:plain

■3/1(金)@梅田HARD RAIN

「キ・カ・ク・ガ・イ」

 

ソープ嬢変死

HNTL

kevin

テコ(JACK STRAW)

Merry Ghosts 

 

start19:00 adv1800  

f:id:kano-trespass:20190226230807j:plain

 ■3/9(土)@神戸HELLUVA LOUNGE

COSMICOS “Dream Baby Dream” レコ発!

 

COSMICOS

FASHION KEYS

The Young Pennsylvanians

Merry Ghosts

 

start19:00 adv1500

 f:id:kano-trespass:20190226231108j:plain

 ■3/22(金) @心斎橋HOKAGE

[MONSTER RAINBOW]

 

サガシュウ(Kochi)

krzywy las(スーパーライフ,DeepGreen,El Pacheco)

アナログエイジカルテット

Merry Ghosts

start19:30 adv1500

 

「最近の二冊」

三重露出 (講談社文庫)

三重露出 (講談社文庫)

 

久しぶりに都筑道夫、中高生の頃読み耽った栗本薫小松左京のミステリー、スパイ小説と同じ匂いのする世界。作中作のスパイ小説(加えて忍法帖!翻訳文体も面白い、猿飛佐助はサスキー・ザ・フライング=モンキーで霧隠才蔵サイゾー・ザ・ミストマン笑)と翻訳者の周りで起こった事件が関連しているのでは…?というトリッキーな設定も楽しかったし(謎解きに関しては…ちょっと無理があるのは否めないけど)、東京オリンピックの頃の町並みも面白い。結末のやり切れなさ・寂しさも含め懐かしい気持ちで読了。

ミステリーを読む醍醐味、私にとっては、事件の特異さやトリックの目新しさや謎を解く爽快感等々はあまり関係ないのです。さほど興味ないです。それよりも事件やそのやりとりから見えてくる風景(その時代を反映した思想、人間の複雑かつ単純な心象風景とかも含めたもの)や、おそらく社会で少数派であろう人々、過敏な人、過剰な人、社会におけるハミゴたちに対する作者の優しく繊細な眼差しを発見・再確認したりする方が断然、心が躍る。この作品でもブルブルと心が震えました。ヨシ、せっかくだからなめくじ長屋の捕物帳でも引っ張り出してくるかな。 

いにしえの魔術 (ナイトランド叢書3-2)

いにしえの魔術 (ナイトランド叢書3-2)

 

江戸川乱歩によって「古き魔術」と紹介されていた表題作「いにしえの魔術」、乱歩の指摘通り萩原朔太郎の「猫町」の趣きはもちろんだが、日影丈吉「猫の泉」よね、と楽しむ。猫はやはり、魔術、サバト、幻想怪奇小説と相性が良い。(いつか猫と暮らしたい)

 

 

Solid Gold!ありがとうございました!

コロッケが大好物で時々肉屋に立ち寄り買って帰るのですが、時間によっては売り切れていることもしばしば。その際メンチカツがまだ残っていても引き返しますが、ハムカツあるよ、と言われたら、どんなにがっかりしていても、え?ハムカツ…?ハイ、クダサイ♡となるのは何でですかね。何でこんなにウキウキするんですかね。ハムカツって言葉だけでもドボドボソースかけていけるくらいですよね。

f:id:kano-trespass:20190205184722j:plain

今日も美味かった…ご馳走さまでした!

さておき。

土曜HARDRAINでの自主企画“Solid Gold!”へ遊びに来てくれた皆さま、出演バンドのANTONIOTHREE、Look at moment、slumberland、The Black Dolphins、そしてスタッフの方々、どうもありがとうございました!!最っ高の夜になりまして、私はゴキゲンで踊りまくっていたのでした。

f:id:kano-trespass:20190205194414j:plain

The Black Dolphins

f:id:kano-trespass:20190205194501j:plain

slumberland(東京)

f:id:kano-trespass:20190205194541j:plain

Look at moment(香川)

f:id:kano-trespass:20190205194631j:plain

ANTONIO THREE

f:id:kano-trespass:20190205194719j:plain

Merry Ghosts

この企画をやれて本当に良かった。直前まで、こんななかなかない組み合わせを皆面白がってくれるかな?とか少々考え込んでしまったりしたけれど、始まってみたらそんなモノは全部吹っ飛んで、眩ゆく煌めくまさにソリッドゴールドな一夜となりました。嬉しかったなー。やっぱり企画を打つのって博打みたいなところがあると思うのですが、私たちの賭けに面白がって乗っかってくれた皆の好奇心があってこそ!ありがとうございました!!これからも刺激的なことだけをやっていこうと思います◎

f:id:kano-trespass:20190205200459j:plain

この日入手したANTONIO THREE初期音源「Ghost Recordings」最高です、部屋でグングン踊ってます、ジャケも両面ともに最高です。ライブ会場でも買えるそうなので皆さんも是非!

 

それからそれから、次回Merry Ghostsライブは今週金曜!新曲も練り上げております(この曲叩くの超楽しい)!夜遊びしましょう!キテネ!

f:id:kano-trespass:20190205201050j:plain

■2/8 fri @南堀江SOCORE FACTORY

“ADDICTION CULTURE”

 

Piano Shift (from:Tokyo)

ときめき☆ジャンボジャンボ
nishikeke (Moccobond)
NEMU

Merry Ghosts

open 18:30 start 19:00 adv 2000 door 2500

 

「借りてきた一冊」

水銀のゆらぐ言

水銀のゆらぐ言

 

 コラージュによる絵本。美しい絵(というのかなこの場合)と文章に息を飲む。二つめに配されている「鳥になった鳥たち」は、初期山尾悠子を彷彿とさせる(手触りはさらに硬く冷たい)。他にも百年に一度だけ頁が捲られる本だとか、ひらがなの『かけら』が漢字の世界をルビー色のルビとともに巡る話だとか、本好きならばこの《言葉》のための物語を拒むことはできまい。長く手元に置いて何度も開きたくなる一冊。買ってこよう。

KINGCOBRAありがとうございました!とBEARS/HARDRAINのお楽しみ

先日大好きなTHE LAST LAUGHのサポートメンバーとしてドラムを叩いてきました。緊張しましたが、今回の5人でステージに上がれて、寺尾さんの後ろで演奏できたのはとても嬉しかった!ドラムやってて良かったな~またこんな機会があったらいいなと思いつつもやっぱりラストラフはあのお三方すよね!次のライブはゴキゲンにフロアで踊ろうと心待ちにしています☆(写真ありがとうございます!)

f:id:kano-trespass:20190119021210j:plain

さて。

年末あたりからスタジオでこねこねと新曲を作っていましたが、Merry Ghostsの方は来週披露する予定です。お仕事帰りに寄り道してもらえたら嬉しいです!

 

■1/24(木) @難波BEARS

f:id:kano-trespass:20190119021259j:plain

・o'summer vacation

・marble≠marble

・Merry Ghosts

 

open 19:00 start 19:30 adv/door 2000

 

そして、このブログを見てくださっている人は既にご存知かもしれませんが…もう一度!来月はMerry Ghosts企画“Solid Gold!”あります!是非是非遊びに来てください!我ながら素敵な夜遊びの場を準備できたんではないかと。うふ

f:id:kano-trespass:20190104234044j:plain

■2/2(土) @梅田HARDRAIN

Merry Ghosts presents “Solid Gold!”

 

ANTONIO THREE

・slumberland(東京)

・Look at moment(香川)

・THE BLACK DOLPHINS

・Merry Ghosts
 

open 18:00 start 18:30 adv 1800 door 2300

 

お待ちしてます!!

 

「最近の借りたもの買ってきたもの」

エリザベスの友達

エリザベスの友達

 

認知症の初音は老人福祉施設にいながら、新婚時代を過ごした戦前の中国、天津租界の記憶の中に生きている。その初音を見守る娘二人と職員の人々を優しい幻想的な物語として描く。絶対泣いてしまうではないかと普段なら敬遠しがちな内容なのですが、コレは読みます。読むでしょ、ほんとすごいんですもん村田喜代子の文章は。声高に述べられずとも読者の胸に戦争(人間の死)の虚しさ・哀しさをまっすぐに喚起させるこの物語はしなやかで強い。そしてラストシーンの凄さというか、前作も最後の場面で唸らされたのでした。

柳園の壺 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

柳園の壺 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

 

上記の村田作品で中国大陸に惹かれたせいかな…時代は違って七世紀唐の時代ですが、久々、狄判事を借り出してきました。はやり歌の通りに殺されていく名家の主人や怪しげな人形使いや美人姉妹のアクションにお色気シーン、金田一耕助がお好きな方はこのシリーズもすんなりイケる筈。是非どうぞ!

キャッツ・アイ (ちくま文庫)

キャッツ・アイ (ちくま文庫)

 

シャーロック・ホームズのライバル(?)ソーンダイク博士の長編もの。殺人事件と暗号解読宝探しの二つの事件を追いかけながら、語り手アンスティの清く正しいロマンスも楽しめます。そういやオシリスの眼、どこにしまいこんだかな…もっかい読むかな。

ピクニック・アット・ハンギングロック (創元推理文庫)

ピクニック・アット・ハンギングロック (創元推理文庫)

 

映画は観ていないのですが、原作初の邦訳ということで読んでみました。実際に起こった(ということになっている)ピクニックでの女生徒と女教師の失踪事件を元に書かれた作品。事件の真相ではなく、事件後の残された学院の人々の悲劇的な運命が記されとります。思春期の少女たちならではの神秘性や(舞台は百年ほど前のオーストラリア)大自然の圧倒的な強大さがこの作品の魅力だと思うので、映画の方が面白いかも…観てみようと思います。

2019年、明けて早速出会った

良いスネアに出会いまして入手!

新たな音を作るべく3台目は浅胴にしました。だけどやっぱりまたもやSONOR。

スタジオでこねこねとチューニング試しつつ叩いてきました。良い感じ…重たいだけあって(3つの中で一番重い)しっかり鳴ってくれる…

曲にバチっとはまるよう最高な状態にしたいですね!!

f:id:kano-trespass:20190103205003j:plain

 

そして、年末からお知らせしていたMerry Ghosts企画“Solid Gold!”出演バンド決定!

イベントタイトル通り、煌き輝き、鮮やかな音楽がほとばしる夜になること請け合い!

是非皆さん、一緒に楽しみましょう!

 

■2/2(土)@梅田HARDRAIN

Merry Ghosts presents “Solid Gold!”

 

ANTONIO THREE

・slumberland(東京)

・Look at moment(香川)

・THE BLACK DOLPHINS

・Merry Ghosts

 

open 18:00 start 18:30 adv 1800 door 2300

f:id:kano-trespass:20190104234044j:plain

 

「年末年始の借りてきた映画」

久々にフェリーニの「サテリコン」。最初に観た時もそうでしたが、この映画を見るとだんだんと心が洗われ、元気が湧いてきます。これって一言で言えばフェリーニ自身が大好きな心躍るモノをずらっと並べてるだけの映画ですよね笑。なんて素敵なんでしょ。そしてここには映画でしか表せないものが収められている。最高!

サテリコン [DVD]

サテリコン [DVD]

 

 

いろいろ楽しかった2018/さらに加速するべし2019

f:id:kano-trespass:20181225160317j:plain

2018年もたくさん夜遊び満喫したな…(今年の24日はとてもクリスマスらしい夜を過ごしましたし。tutini10周年おめでとうございます!)

2人で活動していたtrespassにnassanがベースとして加入、3人trespassになったこと、

同時期に2人編成をMerry Ghostsという形で新しく始めたこと、

2018年は目まぐるしい1年でした。

さ、楽しいことをいろいろ試しつつ突っ走るぞ!と思ったらもう今年も終わるんですよね。1年て短いのね。時間が足りねぇことこの上ないね。なので2019年をゴキゲンに爆走しようと思います。

 

2019年のMerry Ghosts、まずはコチラ!

自主企画“Solid Gold!”やります!

東京から轟音オルタナバンドslumberlandを招いて開催!

f:id:kano-trespass:20181225162900j:plain

■2019年2月2日(土)梅田Hard Rain

Merry Ghosts presents“Solid Gold!”

 

slumberland (Tokyo)

THE BLACK DOLPHINS

Merry Ghosts...and more!!

 

更なる詳細は後日お知らせします!是非この日をチェックしておいてくださいね!

2019年も楽しみましょう!!