不思議なコーラ

trespassでドラムを叩いているカノウのブログ

引っ越しました

以前使っていたはてなダイアリーがなんだか調子悪いので、移ってきました。

これからははてなブログに書いていこうと思います。

 

さて。遅ればせながら買ってきました、イアンの『バンドやめようぜ!』
日本のインディミュージックに対するイアンの愛が随所に見られる一冊でした。イアンが関西に滞在していた時に私は彼と初めて出会ったんですけど、その後10日間くらいの期間で立て続けにライブハウスで遭遇しましたもんね。音楽だけでなく、バンドの佇まいやライブハウスなどインディシーンをまるごと愛情深く見つめている人なんだと思います。
ほんで、もっとたくさんの、それぞれ全然違うくらいいろんな眼差しがライブハウスで交錯したらもっともっと面白いのにね!

f:id:kano-trespass:20171211022556j:plain

 

それからお知らせ。来年年明けに自主企画やります!

THE BLACK DOLPHINSと一緒に、東京のBossston Cruizing Maniaニューアルバムリリースパーティーを開催します!

見てくださいよ、この出演陣!ね、楽しそうでしょ?ときめくでしょ?

5バンドが放つ「光」の煌き(いや、もしかしたら影あるいは闇かもしれない)を、自分の眼で、耳で、心臓で、体験しに来てください! 

 f:id:kano-trespass:20171127183349j:plain

■2018年1月13日(土)難波BEARS

THE BLACK DOLPHINS & trespass presents “Lightning Gladiator” -Bossston Cruizing Mania New Album “IDEA” Release Party in Osaka-

Bossston Cruizing Mania (Tokyo) 

NOISECONCRETE×3chi5 (Aichi) 

初期のアンドヤング 

THE BLACK DOLPHINS

trespass

 

open 18:00 start 18:30

adv 1800yen door 2300yen

 

それからそれから。

先日今年最後のライブを終えた我々、現在はDEMO音源を鋭意製作中です。

冬の歌詞を書きました。思い描いたものに近い形で書けたのでとても気に入っています。

出来上がったら、是非聴いてくださいね!

 

 「借りてきたうちの一冊」 

ある少女に勧められた小説が全然面白くなかったのは、私がもう少女ではないからという理由ではない、絶対に。で、今日の少年少女たちはどんなものを読んでいるのだろうかとちょっと気になりまして(まあ毎日10代の子たちと顔を合わせているもんですから多少は心配になるわけです)、目についたのが、「このまま黄昏れちゃっていいのか、人類」というコピー。で読んでみたところ、これなら若者たちに伝わるだろうか、面白く読むだろうか、と丁寧な配慮がなされた作品でした。流石のテクニックでした。

もう少し探してみようかな。この目線で探すのにはすぐ飽きそうだけど笑。

カタストロフ・マニア

カタストロフ・マニア